ページトップ
 
TOP > 商品ブランド > 犬(きみ)のためにできること > その他・あんしん食材

その他・あんしん食材

「みどり玄米」以外の原材料ももちろん無農薬・無添加。例えば、鶏の肥料にさえ、薬品を使っていません。
「犬のためにできること」シリーズは、すべて「みどり玄米」がベース。それに食用の新鮮な「おから」「野菜」「馬肉・牛肉・鶏肉」を組み合わせたラインナップです。もちろん、どれも化学薬品を使わず、安全に配慮した食材です。
おからについて
おから
おからについて
ワンちゃんに必要な栄養が豊富な上、肥満予防にも良い食材です。
※大豆アレルギーが心配なワンちゃんには、「みどり玄米ごはん」をおすすめします。
 
主な栄養
タンパク質
筋肉、骨、血液などの体の組織をつくる大切な栄養素。細胞を再生したり、感染を防ぐ抗体をつくります。ワンちゃんは、人の3倍以上摂る必要があると言われています。
ビタミンB群とE
健康を維持するための代謝を促進する栄養素。毎日きちんと摂りたい栄養です。
 
食物繊維
便秘や下痢を防ぎ、便通を良くします。またおなかの中の悪玉菌を減らし、腸内環境を改善する働きがあります。病気のもとである活性酸素が減り、免疫力が高まるなど、さまざまな効果があります。
リノール酸
オメガ-6脂肪酸。皮膚と毛の状態の修復、成長や、適切な膜組織の構造と脂溶性ビタミンの維持に不可欠なものです。
 
 
野菜について
ニンジン グリンピース
野菜について ニンジン=北海道産、グリンピース=千葉、茨城産
2つの野菜でアレルギー反応を起こしたワンちゃんが少ないので選びました。
 
主な栄養
ニンジン
ビタミンA(βカロテン)
ビタミンは炭水化物・脂肪・たんぱく質の働きがスムーズになるようコントロールする働きがあります。またニンジンには、βカロテンよりもさらに抗酸化力のある「αカロテン」という物質も含んでおり、βカロテンとも一緒に働いてガンの予防に効果を発揮するとされています。ビタミンAが不足すると、毛が貧弱になったり、角膜異常を引き起こしてしまうこともあるようです。
グリンピース
ビタミンB群が豊富
ビタミンB1が不足すると食欲不振や、発育障害などの原因になります。またビタミンB2が不足すると筋肉の衰えの原因となり、B6が不足すると、神経過敏、貧血、痙攣などの症状が現われます。ビタミンBは水溶性で、排泄物といっしょに体の外へ出ていってしまうので、毎日の摂取が必要。 この他、カリウムや食物繊維などもたくさん含んでいて、体内の余分なナトリウムの排出や便秘解消効果などが期待できます。
 
 
鶏のささみについて
鶏
鶏のささみについて 熊本、宮崎産

飼料も薬品なし

抗生物質・ホルモン剤を一切使わない無薬鶏のささみ。お肉の中でもアレルギー反応が起こしたワンちゃんが少ないお肉を選びました。脂肪分が少なく低カロリーです。
 
主な栄養
動物性タンパク源
消化吸収が良く、必須アミノ酸、必須脂肪酸供給源でもあります。
ナイアシン(ビタミンB3)が豊富
脳神経の働きを助けます。また血液の循環を良くしたり、糖分・脂質の代謝促進に働きます。不足すると、皮膚炎などがおこりやすくなります。ビタミンB1(不足すると食欲不振や発育障害などの原因になる)も多く含んでいます。
 
 
 
「犬のためにできること」シリーズは、「人が食べても健康的」な食材だけを使っています。どうぞ、安心してワンちゃんに食べさせてあげてください。
 

(c) MERCURY BASE CORPORATION