ページトップ
 

レシピ

こちらには、お客様からお寄せいただいたレシピもございます。

 

毎日の食事を楽しみながら健康に!

マーキュリー・ベースは、そんなレシピを募集しています。

デジタルカメラ・携帯電話などで写真を撮っていただき、材料・作り方を弊社までご送信下さい。

 

 

お送りいただいたお客様には、もれなく、選べるプレゼントをお送り致します!

【米朝げんき2合、犬のためにできることシリーズ・レトルトタイプ全商品の中から1点、7ポイント還元の何れかをお選びいただきます】

豆乳げんきリゾット

豆乳げんきリゾット

豆乳げんきリゾット

「米朝げんき」の食感と、
豆乳を使ったクリーミーなソースがマッチします。

<材料>

米朝げんき
1合
 
パルメザンチーズ
大さじ1
 
豆乳
200cc
 
 
バジル(乾燥)
小さじ2/3
 
マギーブイヨン
1個
 
バジルの生葉
1枚
 
 
 
 

<つくり方>

1 フライパンに少量のサラダ油(オリーブオイル)を入れ、炊いた「米朝げんき」を炒める。

2 100cc位の熱湯で溶かした「マギーブイヨンと豆乳」を入れ、お米の固さをたしかめながら煮つめる。

3 「バジルとパルメザンチーズ」を加える。

4 お皿に盛りつけ、「バジルの生葉」を飾る。

 
Point
チーズの代わりに「八丁味噌(大さじ山盛り2杯)」を使ってもおいしいです。 その場合、最後に「あさつき」を振りかけるのがおすすめ。
 
カナッペ

カナッペ

カナッペ

アラカルト感覚で、様々なトッピングを楽しめます。

<材料>

 
米朝げんき、葵米
1合ずつ
 
 

<トッピングの材料>

 
高菜
適量
 
白ゴマ
適量
 
一味とうがらし
少々
 
きんぴらごぼう
適量
 
辛子めんたい
適量
 
キムチ
適量
 

イワシの蒲焼き

(オイルサーディン)

適量
 
 
 
 

<つくり方>

1 炊いた「米朝げんきと葵米」を、それぞれ適量ラップにとり、固めのおにぎりをつくる感覚でむすび、上から軽くおさえて厚さ1cm程度の円形に整える。

2 円形のお米を、熱したフライパンで両面にゆっくり焦げ目をつける。

3 その上に「高菜」や「きんぴらごぼう」、「辛子めんたい」、「キムチ」などをトッピングする。

 
Point
高菜は、きざみ「高菜」をゴマ油で炒め、「白ゴマ、一味とうがらし」を加えるのがおすすめです。他にも色々な具材をトッピングできます。
おやつとしても楽しめる!
イチゴジャム、マーマレード、溶かしチョコレートをのせてもおいしいです。
 
おいなりさん、白ごまロール

おいなりさん、白ごまロール

おいなりさん、白ごまロール

「葵米」とお酢の相性がよく、新感覚の「酢飯」を楽しめます。

<おいなりさんの材料>

 
葵米
2合
 
油揚げ
5枚
 
わさび
適量
 
A
  • こんぶ・・・5cm角
  • 酒・・・大さじ1
  • ひじき(乾燥)・・・12g
 
B
  • 白ゴマ・・・適量
  • 黒豆(熱湯で10分煮たもの※)
    ・・・大さじ5
※一晩浸水する場合は、煮なくても大丈夫です。
 
C
  • だし汁・・・300cc
  • みりん・・・大さじ1
  • 三温糖・・・大さじ2
 
D
  • 米酢・・・50cc
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1弱
 
 

<白ごまロールの材料>

 
葵米
2合
 
A
  • 塩・・・小さじ1
  • 昆布・・・(5cm×3cm)1枚
  • 酒・・・大さじ2
 
すし酢(酢・砂糖)
適量
 
たくわん
1/4本
 
マグロ
150g
 
のり
4枚
 
白ゴマ
1/2袋
 
わさび
適量
 
 
 
 

<おいなりさんのつくり方>

1 洗った「葵米」を、「水とA」で炊く。

2 「油揚げ」は湯通しして半分に切り、袋状に開く。「C」を沸かした鍋に入れ、落とし蓋をして中火で煮含め、そのまま冷やす。

3 「葵米」が炊けたら、うちわで手早く扇ぎつつ、「D」を切るように混ぜる。その後「B」を混ぜ合わせる。

4 「油揚げ」の汁気を軽くしぼり、内底に「わさび」をぬる。

 

5 小さめに握った「酢飯」をふんわりとつめる。

 

<白ごまロールのつくり方>

1 洗った「葵米」を「水とA」で炊く。

2 炊けたら、「すし酢」を加える。

3 たくわんをきざんだもの、マグロをたたいたものを用意します。

4 すだれにラップを敷き「白ゴマ」をふる。その上に「酢飯」を敷き詰める。

 

5 その上に「のり」を敷き、真ん中より少し手前に、「わさび」を少々ぬる。

6 さらに3を敷き、すだれでしっかりと巻く。

 
Point
もう1種類は、しそと梅を細かく包丁でたたき、かつおぶしと混ぜ、すだれで巻いて白ゴマをまぶします。
 
玄米パプリカ

玄米パプリカ

玄米パプリカ

色彩が美しく、見た目でも楽しめる、ヘルシー食です。

<材料>

米朝げんき
4合
 
パプリカ
 
 

<お好みの具材>

 
プチトマト
 
 
うずらの卵(水煮) 
 
 
ハンバーグ(火を通したもの)
 
 
A
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・30cc
 
B
  • パルメザンチーズ・・・適量
  • 乾燥バジル・・・お好みの分量
  • 化学調味料・・・5〜8振り
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 牛乳・・・100cc程度(チーズの絡み具合による)
 
 
 
 

<つくり方>

1 洗った「米朝げんき」を「水とA」で炊く。

2 炊けたら「B」を加えよく混ぜ合わせる。

3 「パプリカ」は上部をくりぬき、内側をスプーンで削る。そこに「お米」を「パプリカ」の中心に空間ができる ように塗り固める。

4 その中に、「お好みの具材」を入れる。

 

5 フライパンで「パプリカ」に焼き色がつくまで焼き上げる(フッ素加工のフライパンなら油を使わない方が好ましいです)。

 
 
葵米だんご

葵米だんご

葵米だんご

古代米をブレンドした「葵米」ならではの絶品・すこやかスイーツ。

<材料>

葵米
2合
 
きなこ
お好みの分量
 
抹茶
お好みの分量
 
 
つぶあん
お好みの分量
 
こしあん
お好みの分量
 
 
 
 

<つくり方>

1 炊きたての「葵米」をすり鉢ですり、だんごの形に丸める。

2 丸めただんごを熱湯にくぐらせる。

3 2に「きなこ」、「抹茶」、「つぶあん」、「こしあん」を包むように絡める。

 
Point
すり鉢がない場合、ジッパー付きのビニール袋に、少なめの炊いた「葵米」を入れ、ビンなどの固いものなどでつぶし、丸めてください。
 
大豆・ひじき・しいたけの炊き込みおにぎり、黒米と葵米のおにぎり

大豆・ひじき・しいたけの炊き込みおにぎり、黒米と葵米のおにぎり

大豆・ひじき・しいたけの炊き込みおにぎり、黒米と葵米のご飯
  • @大豆・ひじき・しいたけの炊き込みおにぎり
  • A黒米と葵米のおにぎり
  • B米朝げんきのおにぎり

ちょっとしたひと手間で、おいしい炊き込みおにぎりになります。

@<大豆・ひじき・しいたけの炊き込みおにぎりの材料>

 
米朝げんき
3合
 
A
  • 大豆(水煮)・・・1/2袋
  • ひじき(乾燥)・・・15g
  • しいたけ・・・3枚(適当な大きさに切る)
  • 塩 小さじ・・・1と1/2
  • こんぶ・・・5cm×3cm位のもの1枚
  • 酒・・・大さじ3
 

<つくり方>

1 炊飯器に、洗った「米朝げんき」と「A」を入れて炊く(水加減は白米と同じです)。

 
 

もっちりとした食感なのにヘルシーに楽しめます。

A<黒米と葵米のおにぎりの材料>

 
葵米
2合
 
B
  • 黒米・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1と1/2
  • 酒・・・小さじ1
 

<つくり方>

1 炊飯器に洗った「葵米」と「B」を入れ、一晩浸水させてから炊く(水加減は白米と同じです)。

 
 
 
 
Point
「米朝げんき」は、冷めてもおいしいので、おにぎりにぴったり!
 
緑玄米タコ飯

緑玄米タコ飯

緑玄米タコ飯

風味が食欲をそそります。人気メニューです。

<材料>

葵米(米朝げんき)
2合
 
生たこ
200g
 
しょうが
1片
 
 
A
  • しょうゆ(たまごかけしょうゆ)
    ・・・大さじ3〜4
  • 酒・・・大さじ3
  • 塩・・・小さじ1弱
 
 
 
 

<つくり方>

1 「たこ」を適当な大きさに切り、「すりしょうが」に30分ほど浸しておく。

2 炊飯器に洗った「葵米(米朝げんき)」、「たこ」、「A」を入れて炊く。

 
 
 

(c) MERCURY BASE CORPORATION